地震

京都→奈良→千葉と 転勤族のミニウサギ すもも&あんず。略して、あんももの日常を 赤ちゃんだった2008年4月から記録中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご心配の コメントいただき ありがとうございます。

食器散乱

今は 片付けましたが 地震で このような状態になりました。

あんももも 私たちも 元気ですが

私自身の 気持ちが 落ち着かないので しばらく お休みします。



余震など みなさんも お気をつけくださいね。 



 
昨日の岩手・宮城内陸地震にあわれ、避難生活や自宅で怖い思いをされている方々、
またその周辺・ご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。
また、ご家族・ご友人の安否が分からず、ご心配が続いている方々、
どうぞ、みなさんご無事でいらっしゃいますように。
また、復旧作業に当たられる方々も、どうか無理をなされないようにしてください。
2008.5.8ちょこん

私は阪神・淡路大震災を経験したので、それ以降、地震のニュースがある度に
他人事とは思えず、1日も早い復旧と安心できる日がくる事を願っています。

私は震災のあの日、遅くまで起きていた分よく寝ていて最初のたて揺れは感じませんでした。
目が覚めると天井がぐるぐる回っていて、めまいかな?と思ったほどです。
ほんとは地震で天井ではなく、自分が揺れているんだとは分かってませんでした。
しばらくすると当時、中学生だった妹が “お母さ~ん。お母さ~ん”と
奥の部屋から泣きながら呼んでいる声が聞こえました。
母親の返事がすぐになく、私もおかしいなと思ったら
“お母さんは大丈夫やよ!そっちは大丈夫?”との声が聞こえ、安心しました。
すると妹は “ドアが開かへん!!” と言い、 母が “怪我もしてなくて大丈夫なら
開けに行ったげるから待っとき” と答えます。
私が、なんか大変なんかな?と思っていると・・・
隣の部屋から父が私の名前を大声で呼び続けます。
2008.5.9ちょい淋しげ?

私はまだワケが分かってなくて、普通に “なに~???” と答えると
父が “大丈夫か?動けるか?” と聞きます。
まだワケの分からない私は “何が大丈夫なん?・・・・あれ???
私は大丈夫なんやけど、なんか動かれへん!!”

父に助け出されてビックリしたのですが、私はちょうど壁際に寝ていて助かりましたが、
私が振り返ったすぐ目の前に、仏壇と本棚が倒れていました。
軽いはずの布団が、仏壇と本棚の重みで持ち上げられなかったのです。
もし布団の真ん中で普通に寝ていたら頭を打ち、内臓を圧迫され死んでいたかもしれません。
私が寝ていたスペース以外は部屋中ぐちゃぐちゃでした。
2008.5.6はしっこで

家中、ひっくり返り、外にはたくさんの人が逃げ出していました。
目の前の道路もでこぼこで、液状化現象で泥水が流れてました。
遠くの空が赤く燃えているのも見えました。
あとで考えると、それは家事の火だったようです。

それからの日々は・・・余震が続き、ずっとめまいがしているようで気持ち悪くもなりました。
余震が怖くて夜は車で眠りましたが、電線が落ちてこないか、
建物がこちらに倒れてこないか心配であまり寝れませんでした。
あとで知りましたが、友達の彼がこの震災で亡くなりました。
私も何度か会ったことがあり、その場所が自分の家の近くだった事が更にショックでした。
テレビで何度もあの時の映像が映るので、その度に胸が痛みます。

それでも家は半壊で済み、おばあちゃんの家にしばらく避難する事ができたので
つらい経験はごく短期間です。
そんな私でも地震は怖くて、もう嫌です。
きっと地震を経験された方は、みなさんそう感じてらっしゃると思います。
2008.5.10あんず

どうか、今回の地震も1日もはやく落ち着きますように。
そして、被害は最小限で済みますように。
地震で心や体が傷付いた方々が、1日もはやく元気になられますように。
ただ祈ることしかできませんが、そう祈っています。

Before  | Copyright © うさポン日記~すもも&あんず~ All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。